ホーム>スタッフブログ>エコスクラッチ>大ロットのエコスクラッチ印刷
エコスクラッチ

大ロットのエコスクラッチ印刷

みなさんこんばんは。
先週末辺りから、漸く梅雨空になってきましたね。
あまり降ってほしくはありませんが、雨も生活には重要な事象ですから、仕方ないですね。
さて、今日は展示会であった話を思い出したので、ちょっと書いてみます。

エコスクラッチ印刷を展示会でプレゼンしていると、必ず出てくるのが「料金」と「納期」なんですが、「料金」に関してはロットや仕様によって、振り幅が広く変動が有りますので、なかなか即答というわけには行かず、ある程度の目安での商談やりとりになります。

「納期」に関しては、余程の大ロットではない限り、大まかには答えられます。
また、当社の売りの一つである、「極小ロット」からご依頼頂けますとアナウンスすると、極小ロットとは何枚?といった具合に興味を持ってもらえます。実際「極小ロット」の下限を話すと、驚かれる方が殆どです。

では、余程の大ロットの場合はどうか?という所なんですが、納期が十分ある場合は普通の印刷同様に、ちゃんとした工程を踏まえて概算が出ますが、殆どの場合は「分納」になります。
一度に数十枚〜数百枚、人によっては数千枚購入する宝くじの「スクラッチ」と違い、こういったイベントで使うようなスクラッチは、色々な制約の上で配布している場合がほとんどですので、イベント直後からすぐに無くなるということはなかなかありません。(絶対ということではないですが。。。)
なので、消費される枚数のシミュレーションを予め行い、中長期間のスケジュールで分納するわけなんです。
この業界ではそんなの当たり前って話ですが・・・。

当たり前の事でも、こうやって改めて書いてみると、何か気づくことがあるかもしれません。
当然これを読んでいただいた人も同様にですが。

イベントは長期の仕込みが大事です。
一度エコスクラッチをご検討してはいかがでしょうか?

まずは、お問合せからよろしくお願いします。



 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.eco-scratch.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/142

ページ上部へ