ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

お盆の連休は終わりましたが・・・

みなさんこんばんは。
お盆の連休も終わり、通常業務に戻りましたが、まだまだ忙しさ自体はそれほどではありません。
ただ、連休明けすぐに、スクラッチの案件が見積もり・受注を含め、パラパラと舞い込んできています。
夏の終わりの追い込みイベントや、秋口のイベント向けです。
夏が終わると次のシーズンは秋です。
スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋・・・。
イベントをするのに色々と調度良いキッカケがたくさんあります。

この夏、各地でスクラッチイベントをちょくちょくと見かけました。
使われ方は色々でしたが、やはり有効な使い方は、スクラッチを使ったリピート集客だと思いました。
その場で豪華景品が当たるのも、確かに良いかもしれませんが、割引クーポンにしたり、次回以降利用制限を設けると、受け取った何割かの人は、利用客として再来店(再来場)していただけます。
スクラッチカードを使ったイベントも、全体的な仕組みの中で利用してこそ、本領発揮する事が多いかもしれません。

どういった分野でも、選択肢が多くなってきている世の中です。
集客が大事です。
リピート客が大事です。
心をつかんだ固定客が大事です。
チラシやスクラッチは、そのためのツールです。
出来る事から少しずつ、考えてチャレンジしていくことが大事です。
そのために、お力になれるかもしれませんので、スクラッチを使うイベントや仕組みを思いついた方は、ぜひご相談下さい。

明日から当社はお盆休み(夏期休業)です

みなさんこんにちは。
明日11日(祝)から来週の16日(火)まで、当社は約1週間の夏期休業期間(お盆休み)に入ります。
連日連夜、オリンピックのニュースが、メールやNET、テレビで飛び交っていますね。
この連休も、様々な熱い戦いが繰り広げられ、色々なドラマが生まれ、語り継がれていくのでしょうね。

日本では、この連休中は、違った意味で“暑い戦い”になりそうです。
みなさん、オリンピックのテレビ観戦で昼夜逆転してしまい、連休明けの出勤日には体調不良なんて事にならないように、こまめな体調管理で連休を存分に楽しんでくださいね。
もちろん、この時期一番注意しなければいけない熱中症には十分気をつけてください。

2016年の8月の土曜営業日と夏季休業のお知らせです

みんさんこんにちは。
8月に入りました。
梅雨も明けて夏本番ですね。
さて、当社の8月の営業日は、夏季休業(お盆休み)もありますので、少々少なくなっております。
連休前後の入稿、納品予定は、くれぐれもお気をつけ下さい。

スケジュールは下記のとおりです。

8月6日、13日、20日の土曜日は、休業です。
8月11日〜16日は、夏季休業になっております。
27日の土曜日は、営業日です。

学生さんは夏休み突入ですか?

みなさんこんにちは。
梅雨が開けて、そろそろ学生さんは夏休み突入ですか?
今年の夏は例年よりも暑い夏になるみたいなので、熱中症その他には充分に注意しましょう。

さて、ココ最近スクラッチ印刷の動向としては、やはり夏休みのイベントやキャンペーンの絡みでの案件が多くなってきました。
中には、夏を通り越して、秋冬ターゲットの案件も出てきています。
何事も早め早めが大事ですよね。
今からスクラッチイベントをしよう!と言っても、印刷して納品された時には、夏休みが終わってしまうんじゃないか?と、思われがちですが、いやいやどうして、実は結構納期は短いんですよ。
完成データを入稿していただければ、枚数・仕様によっては数日での納品も可能です。
思い立ったが吉日。
ダメ元で、無理は承知で企画してみてはいかがでしょうか?
当社で出来る範囲でご協力いたします。

 

まずは、お問い合わせください。

2016年の7月の土曜営業日のお知らせです

 

2016年の7月の土曜営業日のお知らせです。

7月は、本日2日のみ出勤日です。

翌週からの9日、16日、23日、30日が、お休みになりますのでご注意下さい。
 

お間違えのなきようにお願いいたします。

☆土曜日は、16時までの営業となっております。
 

書中見舞いにエコスクラッチ

2016630113430.jpg

みなさんこんにちは。
今日で6月も終わりですね。
例年通りなら、7月に中旬には梅雨もあけて、だんだんと暑くなってきます。
梅雨が明けると、学生さんは待ちに待った夏休みに入りますね。
今年は猛暑の予測が多いようですが、それは終わってみなければ解りませんね。

企業は、夏休みの制度が無いので、お盆休みを中心に、有給消化で夏休みを併用と言ったところでしょうか。
印刷会社としては、夏の風物詩に「暑中見舞い」があります。
最近では、メールやSNSを利用した「暑中見舞い」が増えてきていて、はがきを送る事が減ってきていますね。
けれど、やはり夏のご挨拶ははがきでと言う会社はまだまだたくさん存在しています。
もちろん個人の方もたくさんいらっしゃると思います。
特に小売業やサービス業の方は、夏のキャンペーン告知だったり、夏期休業のお知らせだったりしますので、せっかく送るんですから、もらった人にもしっかりと見てほしいものですね。

そこで提案です。
エコスクラッチを使い、告知やクーポンなどの展開を暑中見舞いでしてみませんか?
せっかく送る暑中見舞い。
送る側、受け取る側のコミュニケーションツールですので、有効に活用してみましょう。

まずは、このサイト、またはお電話でお問い合わせください。

 

明日からインテックス大阪で・・・

明日から3日間、インテックス大阪で開催される「JP2016情報・印刷産業展」に出展いたします。
毎年この時期に行われます、西日本最大級の情報・印刷産業展です。
当社は例年通りけずりカスが出ないスクラッチカード印刷のエコスクラッチ基軸に、展示を展開しますので、3日間の基幹中に、ぜひ一度お立ち寄りください。
もちろん、当社の展示だけではなく、最新の印刷情報をゲットできる機会でもありますし、実際の機械のデモやセミナー等いろんな展示を体験することが出来ます。

 

展示会の詳しい情報は、JP2016情報・印刷産業展(http://jp-ten.jp/)でご確認下さい。
入場は無料です!

図書カードの裏面がスクラッチカードに・・・

みなさんこんにちは。
当社は一般印刷をはじめ、いろんな印刷を行っていますが、商品の中にカード印刷があります。
それは、エコスクラッチ等のスクラッチカードではなく、クオカードや図書カード等のプリペイドカード印刷のことを指します。
今日はそのプリペイドカードの中でも図書カードのお話です。

実は、6月から図書カードが変わりました。
「図書カード」から、「図書カードNEXT」へ。
???ですよね。
単に名前が変わっただけではありません。
今までの「図書カード」は、クオカードやテレホンカードの様に、磁気が入ったカードでした。
今回リニューアルした「図書カードNEXT」ですが、磁気が入っていません。
その代わり、裏面にQRコードとPINコード(スクラッチ加工)が入っています。
この変更には、偽造防止や履歴管理等、今までと違った要素・用途が含まれるということです。
大きく変わった点として、裏面に有効期限が記載(従来の磁気カードは、期限なしでした)されていて、webでカードの履歴管理が出来るようになったそうです。
大きな金額のカードじゃなければ、履歴管理はあまり関係ないかも知れませんね。

利用者にとっては、使い方は今までどおりですので、大きく変わりませんが、一つだけメリットを見つけました。
それは、パンチ穴が開かない事です。
今までこういった磁気式プリペイドカードは、せっかくの絵柄面に穴が開いてしまい、コレクターアイテムとしては、勿体無い感じでしたが、今度からは使い終わっても穴が開いていない綺麗な状態で保存できますね。

当社では、オリジナルデザインでの印刷が可能です。
ぜひこの機会に「図書カードNEXT」を作ってみませんか?

 

2016年の6月の土曜営業日のお知らせです

 

2016年の6月の土曜営業日のお知らせです。

6月は、全週の土曜日がお休みになりますのでご注意下さい。
 

お間違えのなきようにお願いいたします。

☆土曜日は、16時までの営業となっております。
 

 

甲子園球場で・・・

みなさんこんにちは。
先日の話なんですが、阪神甲子園球場で阪神ー広島戦を観戦をしてきました。
甲子園球場へ足を運ぶのは、30年ぶりくらいでしたので、初めて言った時の興奮を思い出しました。
当時は球場に駐車場が有り、外野にはラッキーゾーンも有りましたけど、今は外も中も様変わりしてました。
覚えているのは、これは偶然で阪神ー広島戦だったこと、試合途中に到着して、掛布と衣笠がホームランを打ったことかな?(記憶が本当に薄れていて、今書いたことも本当だったかも怪しいです・・・。)

思い出話はこれぐらいにして、野球観戦につきものといえば、ビールの売り子さんですよね?
野球を見ながら、ビールの売り子さんをチラチラと見ていると、ビールを買った人に、ポーチから何やら渡しているのが見えました。
で、そこから気になってしまい、ゲットすることに。
2016528112226.jpg受け取ったのがこのスクラッチでした。
どうやら、アルコール商品1杯で1枚売り子さんからこのスクラッチを手渡されるみたいです。
ビールを売るのも大変だけど、1枚ずつスクラッチを手渡しする作業が追加されて、本当に大変そうでしたね。
けれど、こういった購入者へのファンサービスとしては、その場で確認できるスクラッチカードは本当に有効ですね。

ここからが本題。
スクラッチカードは、従来の削りカスが出るスクラッチでした。
売り子さんは、1試合で何枚配ってるんでしょうね?
調べてみると、新人の売り子さんで50杯以上、超ベテランで200杯前後?のようですね。
売り子さんの人数は、何人ぐらいなのでしょうね?200〜300人いるかな?
売り子さん1人で50杯売ったとして、200人で10,000杯、300人で15,000杯。
売り子さん1人で100杯売ったとして、200人で20,000杯、300人で30,000杯。
1杯につき、1枚スクラッチカードを渡すので、少なく見積もって、1試合15,000枚〜30,000枚配ってることに成るんですね。
実際にはもっと多く配ってる可能性の方が大きいでしょう。
で、期間内にスクラッチカードを配る試合が13試合あるので、総合計で195,000(15,000×13)〜390,000(30,000×13)枚前後スクラッチカードが必要になります。
結構な枚数です。
ちりも積もればなんとやらすけど、ビール売り子さん、本当に凄いですね。
これだけの枚数のスクラッチカードを作る場合、いったいいくらの費用に成るんでしょう?
削りカスが出る従来のスクラッチと当社のけずりカスが出ないエコスクラッチ。
納期や価格の対比をすれば、色々見えてくるものがあるはずです。

ご興味がございましたら、ぜひお問い合せ下さい。

 

ページ上部へ