ホーム>スタッフブログ>エコスクラッチ

エコスクラッチ

1月も半ばにさしかかりました

みなさん、2015年年明けのスタートはいかがでしょうか?
そういえば、正月バーゲンで福袋や初売りで賑わっていたお店の中で、スクラッチイベントを指定たところもちらほらと見受けることがありました。(個人的に用がなかったお店だったので、どんなものかは見てませんが・・・)
福袋や初売りは、普段以上に売上が伸びるのに、スクラッチイベントもやっているのは、やはり財布の紐が緩くなったところへくじ引きできるという購買意欲の促進といった意味もあるんでしょうかね?

正月あけて、1月最初のイベントの初恵比寿や成人式が終わり、次のイベントは2月のバレンタインといったところでしょうか?
バレンタインイベントに合わせたスクラッチを、いまからご注文いただいても充分間に合いますよ。
ぜひご検討下さい。

 

12月の1週目が過ぎました

今年も残すところ1カ月を切りましたね。
神戸は年末恒例のルミナリエが始まって、一気に年末ムードです!
今年の大イベントは、残すところクリスマスと年越しですね。
12月も1週目が終わろうとしていますが、まだまだイベント用のエコスクラッチ案件の問い合わせが来ています。
さすがに大量枚数や、納品仕分けが大掛かりな案件は減ってきていますが、当社のエコスクラッチ最大の利点である小ロット案件は、まだまだ納期的にも問題なしですので、先ずは電話かメールからお問い合せ下さい。

よろしくお願いします!


 

クリスマスシーズンに突入です!年末年始のイベントに間に合うスクラッチありますよ

Halloweenも終わり、街は段々とクリスマスの装飾が増えてきましたね。
当社のスクラッチ案件も、クリスマスセールやクリスマスイベント向けの物が増えてきました。
消費税が上がって冷え込んだ景気ですが、お祭りイベントはやはりかきいれどきですよね?
クリスマスまで1ヶ月を切りましたが、当社のエコスクラッチだと、印刷後加工なしなので、まだまだ納期的に間に合いますよ!
ぜひご相談下さい!

DMにもエコスクラッチを

 

様々な場面で活用できるエコスクラッチですが、DMに取り入れて活用することも出来ます。
とある写真館からの依頼で、シーズンごとに来店され事のあるお客様へDMを送っているんだけれど、なにかいいアイデアがないか?ということで、エコスクラッチを採用することに。
インスタントカメラからデジカメ、そして最近ではスマホが主戦場の写真ですが、やはり記念日のちゃんとした写真を撮影するのに、写真スタジオや写真館はまだまだ存在価値を見出していると思います。
けど、やはり気になるのは料金ですよね?
そこで、DMにただ単に割引情報を入れるだけではなく、エコスクラッチを入れる事により、くじ引き要素が加わっての割引お得感が生まれるというわけです。
隠れてた文字がスクラッチの効果で見えるだけで、そんなお得感が生まれるのか?と思ったかもしれませんね。
けど、人の感覚って案外そういうものなんですよ。
今、定期的にDMを送っている業種の方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

サイズ:117x230
裏面印刷:K
紙質:マット180kg
総枚数:5千枚
スクラッチ種類:2種類 割引or粗品
ご請求金額:87,500円 @17.5円

総枚数が1000枚以上になりますと、1枚あたりの制作単価が20円以下になることが有ります。
ご予算に合わせて、御見積とご提案を致します。

 

事例紹介(結婚披露パーティー)

結婚式2次会用エコスクラッチのご依頼  CMYK+スクラッチ

http://www.eco-scratch.com/gallery/2014/09/2cmyk.php

 

新郎の友人が結婚式の2次会でスクラッチイベントを企画したそうです。
当初は、イベントグッズのお店で売られている汎用品を使おうと思っていたそうなんですが、せっかくの記念なので、どうにかオリジナルで作りたい!と思い立ってネットでスクラッチ印刷ができるのか?と、検索していると、当社のサイトにたどり着いたとのこと。
枚数が少ないけど、ダメ元で参考程度に見積もりを取ってみたら、なんとか予算内に収まるとわかり、受注に至りました。
せっかく企画するので、オリジナルで出来てよかった!とのご感想でした。

●●●●●下記はその仕様です。●●●●●
サイズ:91×55
裏面印刷:無し
紙質:マット110kg
総枚数:100枚
スクラッチ種類:当り+ハズレ
▶▶▶ご請求金額:18,000円◀◀◀
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

このように、当社はお客様のご要望を叶えるべく、枚数の制限などは設けておりません。
ご予算に合わせて、御見積とご提案を致します。

(※スクラッチカードのデザイン画像はダミーです。)

なぜエコスクラッチの料金表がないのか?

こんにちは。
当サイト並びに、当ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。
9月も半ばにさしかかり、徐々に秋らしい陽気になってきました。

さて、ここ最近ですが、当サイトをご覧になっていただいた方から、料金表の問い合わせがチラホラと寄せられる様になってきました。
当然料金表がある方が、目安にもなるので発注しやすいし、心理的な安心を得ることが出来るのは重々承知しております。
では、なぜ当サイトが、料金表を掲載していないのか?
それは、エコスクラッチを使った印刷物では、総枚数はもちろんですが、スクラッチの中身(1等、2等や当たり、外れ 等)や、仕分け(100枚1セットで帯封や、チェーン店各店舗への仕分け発送 等)で、いろいろと金額面で差が出てくるからなのです。
ですので、お問い合わせ案件ごとのお見積りをすることで、より具体化したお値段を提示させて頂いているんです。
せっかくの案件で、単純な料金表から割り出される金額を元に、勘違いや行き違いで没になるのはもったいないですのでね。
少部数から大ロットまで、幅広い実績があります。
それだけお客様のスクラッチ案件実現のために、価格などを検討させて頂いていると自負しておりますので、ご検討される方は、是非お問い合わせ、お見積りをお願い致します。

あと、これだけ書いても確かに親切心としてはもうひとつ物足りないとも思っておりますので、当社での過去の実績を、今後おおまかにではありますが、このブログでご紹介させていただきたいと思っておりますので、更新した時には是非ご一読ください。

よろしくお願い申し上げます。

8月もそろそろおわりますね

8月も終盤にさしかかり、蒸し暑さも抜けてきて、寝苦しい夜も徐々に治まってきましたね。
けど、ここ最近の天候の変動は、従来とは違ってゲリラ豪雨だったり、突然蒸し暑くなったりと、体の順応に予断をゆるしませんね。
季節の変わり目であることは間違いないので、みなさん、お体には充分に気をつけてください。
さて、今日は普段の業務のお話なんですが、みなさんの感覚ではまだ8〜9月ってところですよね?
しかし、ローテーションで季節ものを取り扱う業種では、既に年末のお仕事にとりかかっているところもありますし、来年春先の業務をされているところもあります。
当社でも、当然ながらそういった案件がチラホラと入ってきています。
カレンダー、年末商戦のチラシやパンフ、案内状、そして年末の定盤でもあります年賀状ですね。
ここで一つ提案なんですが、これから印刷物を制作する案件が出てきた時に、一度当社のエコスクラッチを絡めた何かを検討されてみてはどうでしょうか?
一番手軽なところでは、年賀状にエコスクラッチを入れて、集客アイテムにしたり、メッセージを添えておみくじ感覚で楽しんでいただいたり、アイデア次第では色々と広がっていくと思いますよ。
せっかく作る印刷物ですので、なにか一工夫してみませんか?


 

用途別スクラッチ印刷<ハガキ>

梅雨も明けて夏本番!

通勤時に見かける学生さんも、制服姿が殆ど見られなくなってきました。
夏の甲子園出場校も、徐々に決まってきており、全国的に梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね!
山に海にとレジャーに出かける方、まちなかにショッピングに出かける方、それぞれいらっしゃると思います。
もちろん、その行く先々の施設や店舗では、そういうお客様を迎えるの大忙しですね。
当社は、例年この夏場は印刷需要が伸び悩む時期でもあり、それをどう打開するのかが、鍵になっています。
そういったわけで、この時期は納期に結構融通がきく事が多いんですよね。
そこで、提案です。
夏の集客イベントに、是非当社のエコスクラッチを使ってみてはいかがでしょうか?

まだ夏は始まったばかりです。
今からでも間に合いますよ〜〜。

エコスクラッチに関するちょっとした思いつき

昨日某メーカーさんの展示会におじゃまして、商談コーナーで色々と話しているうちに、ちょっとしたアイデアが浮かびました。
そのアイデアを元に話を進めていくと、これは面白そうな事になりそうだという展開になり、メーカーさんにも協力してもらえるようになりました。
当然ここに書くので、エコスクラッチに関連したことなんですけどね。
はてさて、近い将来このアイデアが実を結ぶのか?それとも夢物語に終わるのか?
実を結ぶように祈りたいものです。


 

お寿司屋さんでスクラッチ

先日お昼に何食べようかと知人と話していて、寿司にしようとまとまったので、お寿司を食べに行ったのですが、注文時にエコスクラッチ入りの応募券を渡されました。
あ〜、こういうところでもエコスクラッチは使われてるんだな〜と思いながら受け取りました。
見覚えがないし、当社で仕上げたものでもないので、透けて見えるかどうか品質チェック!なんだか職業病ですね(^_^;)

お?透けないぞ!?まぁ当然ですよね。
そして、そのスクラッチを擦ること無く、知人に渡してみたんですが、知人は何故かスクラッチをしようとはしませんでした。

そこで私が、「なんでスクラッチを擦らないの?」と聞いてみると、意外な答えが返ってきました。
「え?スクラッチ?どこ?白いところ?印刷ミスかなんかで、スクラッチ加工がされてないんじゃなかったの?」
「!」

そうなんです。
そのスクラッチ箇所は、当社のようにカモフラージュがなく、ただ真っ白な◯があるだけでした。
あ〜、これはエコスクラッチを知らない人にはまったく意味がわからないな〜と、思いながら、ポケットからコインを出して、スクラッチ部分をこすってあげると、空白の中に絵が浮かび上がってきました。
それを見た知人は、「へ〜、今のスクラッチってそうなるんや〜。」との感想。
普段からエコスクラッチを商材にしている私にとっては、至極当たり前のスクラッチなんですが、初見の人は驚きますよね?
ただ、ここで問題に思ったのは、私がいなければ、この知人はこれをスクラッチだとは思わなかったって事なんですよね。
せっかくお店でキャンペーンをしても、客に響いてません。
もちろん持ってきた店員さんもスクラッチだとは言っていましたが、受け取る側が分かってないんじゃ意味無いですよね?
けど、これは誰が悪いということでは無いんですよ。
と、言いますのも、当社でエコスクラッチを取り扱い始めた当時、開発段階でこういう事があるとスグに想定されたので、受注するお客様にはその都度「これじゃあわかりにくいので、ここをこすって下さいと文字を入れませんか?」とか「目立つようにスクラッチの周りに罫線を入れませんか?」等のアドバイスを良くしたもんです。
もちろんデザインが崩れるとか、格好わるいという意見もありましたけど、上記のようにお客様が気付いてくれなければ、意味無いですよね?とお話する場面が多々ありました。
作る側だけの思い込みで、こういう物を作ってはダメなんだという例ですね。

もらったチラシを両面隅々まで読んでたら、どこかに説明が書いていたりして、こういったことはなかったかもしれませんが、直感的イベントで隅々まで読まなきゃわからないものは、多分ダメでしょうね。

一般印刷物もそうですが、スクラッチ印刷はイベントの一端を大きく担うものだけに、こういった注意を払わなければいけません。
ただ単に受けるだけではダメなんですよね。

ああ、あのスクラッチは当社で受注したいですね〜〜。
そうすれば、こういうことがなかったかもしれません・・・。

ページ上部へ